敏感肌と腸内環境は関係ある? ない?

敏感肌と腸内環境は関係あります!

敏感肌と腸内環境は、両方ともに影響を与える関係になるのは明らかですから、片方の状態が減退していると困ったことになります。

腸内では、目には見えないほどに微細な細菌が生息し、免疫力を司る役割をしています。さらには、美肌に必要な栄養を作り出すためにも、腸内環境が悪化していれば問題になるわけです。

腸内環境は非常に複雑な仕組みになっていますが、基本的には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに大別することができます。悪玉菌だけが絶対的な悪者になるわけではありませんが、腸内環境のバランスが極端に崩れる場合には、新陳代謝が鈍くなってしまうのです。

悪玉菌が優勢な状況になり、日和見菌も悪さをするような腸内環境になると、敏感肌の症状を悪化させる条件が揃ってしまいます。

腸内環境を整えることによって、敏感肌の症状は和らいで、同時に皮膚の新陳代謝が活発になります。

冬場で乾燥しやすい時期には、冬野菜からは食物繊維を吸収すれば、弱っている善玉菌は元気になります。善玉菌の一種となる乳酸菌や納豆菌などは、菌活の食事をすると豊富に摂取できます。セラミドが豊富なコンニャクに対して、乳酸菌やタンパク質も豊富な味噌を味付けで使うようにすると、敏感肌に対抗する食事になります。

善玉菌が喜ぶような食事を実践すれば、冬場の寒風にも耐えられるだけの免疫が備わっていきます。腸内環境の改善によって、体の中ではエネルギーの生産も順調に行われますから、敏感肌に負けないだけの体力も復活することになります。”